個人年金保険の基礎知識

 

日本では公的年金制度があります。しかしこの年金制度がいつまで存在しているかはわかりません。日本ではかなりの高齢化社会となっており、働く世代が高齢者を支えていくという仕組みには限界があります。数年度には公的年金制度がなくなっている可能性もあります
年金を自分で用意する場合には民間の年金保険を利用できます。これは個人年金保険と言われるもので、保険料を支払うことにより将来年金を受け取れるようにするものです。
日本で多い保険は定額型のものです。つまり、保険料を支払うことで、どれだけの年金がもらえるのかがわかっている年金保険です。この保険を利用することで、将来確実にお金を受け取れるので、将来を少しは安心できます。変動型のものは受け取れる年金額が異なる場合が多く、日本ではあまり普及していません。
貯金をすることと年金保険を利用することでは違いがあります。年金保険を利用することにメリットがなければ、利用する意味がありません。年金保険を利用する最大のメリットは強制的に貯金ができることです。
貯金が大金になってくると、使ってしまうという人もいます。このような人は年金保険に加入することで、強制的に将来ために年金を用意することができます。貯金ができる人は保険に頼らなくても将来使うためのお金を貯められます。